SDGs研修をします

一般社団法人 未来技術推進協会が認定するSDGsボードゲーム公認ファシリテーターになりました。ボードゲームを利用しながらSDGsに対する理解を深める事が出来ます。
(HPでSDGsボードゲーム公認ファシリテーターとして紹介されてます ⇒ 未来技術推進協会

 

 

(一社)未来技術推進協会が外務省HPのSDGs推進団体取り組み事例として掲載されました

 

 

 

 

SDGsボードゲーム公認ファシリテーター資格取得の研修の様子はこちら↓の記事にアップされています。
⇒ SDGsワークショップ ファシリテーター研修

 

 

 

2月4日(火)沖縄県名護市家庭教育支援事業の研修会でSDGsボードゲームを用いたワークショップを名護市中央公民館小ホールで行いました。

 

 

 

 

参加者は全部で9名。最初はルールに戸惑いながらも慣れてきたら仲間と協力しながら、楽しそうにゲームを行っていました。

 

 

 

 

参加者の皆さんの感想はこちら↓
⇒ SDGsボードゲームワークショップ in 名護市 参加者の感想

 

 

3月24日、25日、沖縄県本部町にある【ホテル マハイナウェルネスリゾート様】にて「SDGsを自分ゴト化する」のSDGsボードゲームを利用したワークショップを行いました。

 

以前から「SDGsに関する研修をしたい」と考えてはいたものの時間の調整が難しく開催できなったそうですが、コロナウィルスの影響で時間的なゆとりが出来た事で職員のスキルアップするチャンスと捉えて頂き、初日16名、2日目14名が研修会に参加されました。

 

 

 

 

最初はルールに戸惑いながらも慣れてくると仲間と協力し自社の理念や業務内容と関連づけながらゲームを行い、楽しみながらSDGsを知って頂く事が出来ました。

 

今回は3時間で研修をさせて頂く事が出来たので、ストレスマネジメントに関しても取り入れながら、日々の業務においても活用できるような内容で研修を行いました。自分自身にとってもとても有意義な時間を過ごさせて頂く事が出来ました。ホテル マハイナ ウェルネスリゾート様に心から感謝です。

 

 ⇒ マハイナウェルネスリゾート様SDGs研修アンケート

 

 

3月26日、27日、沖縄県名護市にある【ホテル ゆがふいんおきなわ様】にて「SDGsを自分ゴト化する」のSDGsボードゲームを利用したワークショップを行いました。

 

以前から「SDGsに関する研修をしたい」と考えてはいたものの時間の調整が難しく開催できなったそうですが、コロナウィルスの影響で時間的なゆとりが出来た事で職員のスキルアップするチャンスと捉えて頂き、初日16名、2日目9名が研修会に参加されました。

 

ホテルゆがふいん沖縄様はプロ野球キャンプで日本ハムファイターズが宿泊するホテルとして有名で、研修会場からタピックスタジアムと海が見える景色は最高でした。

 

 

 

 

 

最初はルールに戸惑いながらも慣れてくると仲間と協力し自社の理念や業務内容と関連づけながらゲームを行い、楽しみながらSDGsを知って頂く事が出来ました。

 

 

 

 

今回は3時間で研修をさせて頂く事が出来たので、ストレスマネジメントに関しても取り入れながら、日々の業務においても活用できるような内容で研修を行いました。自分自身にとってもとても有意義な時間を過ごさせて頂く事が出来ました。ホテルゆがふいんおきなわ様に心から感謝です。

 

 ⇒ ホテル ゆがふいんおきなわ様SDGs研修アンケート

 

 

SDGsに関する研修の内容や時間、金額等はお客様に合わせた形でカスタマイズして提供しております。まずは気軽にお問合せください。

 

【お問い合わせ先】
⇒ u-maku@@39you.sakura.ne.jp (@を一つ消してください

SDGs(持続可能な開発目標)とは

 

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave noonebehind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます(JAPAN SDGs Action Platformより抜粋

お問い合わせ

う〜まく教育に関する講演会や講座の依頼、ご相談やご質問があれば

お気軽に下記のメールまでお問い合わせください。

【お問い合わせメール】

u-maku@@39you.sakura.ne.jp(担当:大塚)

お問い合わせの際は@を一つ消してメールしてください。 また携帯メールの場合は返信メールが届くよう設定お願いします。